2010年03月30日

児童虐待、過去最多の725件=09年の人権侵犯−法務省(時事通信)

 法務省は26日、2009年に全国の法務局で救済手続きを開始した人権侵犯の件数を発表した。総数は2万1218件と前年と比べ0.9%減ったが、親族による児童への暴行・虐待は同15.6%増の725件で、統計を取り始めた01年以降で最多となった。法務省人権擁護局は「虐待が社会問題化し、児童を取り巻く環境が悪化している」と懸念を示している。 

【関連ニュース】
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ
児童ポルノ、過去最悪=ネット利用の摘発が倍増
児童虐待も匿名通報=2月から対象を拡大
「学校の感度低い」=児童虐待死事件で
親権一時停止を提言=虐待防止へ民法改正

LDH、旧経営陣との訴訟終結 7億6500万円支払いで和解(産経新聞)
<京都刑務所>低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査(毎日新聞)
国外移設へ首相を説得=社民・福島氏(時事通信)
家庭負担、最大月579円=再生エネ買取導入で−経産省(時事通信)
死亡認定取消、海保に請求=北朝鮮で確認、失跡男性の兄−兵庫(時事通信)
posted by フナバシ カズト at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。