2010年01月21日

石川議員元秘書「証拠持ち出した」と上申書(読売新聞)

 自民党は14日午前、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る問題を追及するため、民主党の石川知裕衆院議員の私設秘書を昨年7月まで務めていた金沢敬氏(41)らを招いて、東京・永田町の党本部で勉強会を開催した。

 会合は報道陣に公開され、金沢氏は、東京地検特捜部が西松建設の違法献金事件で陸山会を捜索した翌日の昨年3月4日、衆院議員会館の石川議員の事務所から、石川議員と一緒に事件にかかわる資料を持ち出したなどとする上申書を、特捜部に提出したことを明らかにした。

 金沢氏によると、持ち出したのは、西松建設や、胆沢ダム(岩手県奥州市)の工事を共同事業体で受注した鹿島などゼネコン関係者の名刺や、同ダムの工事資料など。金沢氏は、これが証拠隠滅に当たるとして、「石川議員から電話を受け、『人手が足りなくなるから手伝ってほしい』と言われた」などと証言した。

 これについて、石川議員は読売新聞のこれまでの取材に「そうした事実はない」としている。

雑記帳 500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)
片山氏公認問題 党大会後に先送り(産経新聞)
<部分日食>日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
<阪神大震災>「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る(毎日新聞)
「小沢氏名義」で購入 不可解10億円の不動産 (産経新聞)
posted by フナバシ カズト at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。