2010年01月20日

欠陥マンション、都市機構負担500億円超(読売新聞)

 独立行政法人・都市再生機構(旧・都市基盤整備公団)が東京都八王子市で分譲した46棟のマンション群で見つかった強度不足などの大規模な欠陥を巡り、建て替えなどの工事費600億円以上のうち、同機構の最終的な負担額は、500億円を超えることが明らかになった。

 マンションの施工業者計34社が負担するのは総額でも約113億円にとどまる。施工業者の監督が不十分だった点など、同機構が発注元としての責任を認めたためだが、なぜ大規模な欠陥が生じたのか、原因は不明のままという“灰色決着”となった。

 問題のマンション群は、同機構がバブル期の1988〜92年に43社に発注して建設された八王子市内の46棟計919戸。分譲から数年後には、ひび割れなどが目立ちはじめ、建設から10年目の大規模修繕を機に手抜き工事が次々に発覚、鉄筋の本数不足やコンクリートの厚さ不足などの重大な欠陥が見つかった。すでに20棟は全面的な建て替えを終え、16棟は補修が完了。残る10棟のうち2棟は07年12月、3棟は昨年10月にそれぞれ補修することで住民側と合意したが実施はこれから。協議中のマンションも5棟ある。

雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
川崎競馬の練習馬場で乳児の遺体発見(産経新聞)
<強盗>男が店員縛り65万円奪う 大阪・DVD販売店(毎日新聞)
<男性不明>「埋めた」供述の場所捜索 鹿児島・栃木県警(毎日新聞)
<診療報酬不正受給>山本病院理事長に懲役2年6月の判決(毎日新聞)
posted by フナバシ カズト at 01:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。