2010年05月11日

首相が沖縄訪問 「負担を分かち合うという気持ちを」(産経新聞)

【鳩山首相ぶら下がりインタビュー】(4日昼)

 −−総理は先ほど仲井真知事との会談の中ですべての基地を県外に移すのは難しいと話をした。ということは、県内で新たな移設先を模索するということか?あわせて、知事との会談の前に非公式な面談もあったとうかがっているが、その中で知事に対して具体的な案を示したのか?

 「きょうは沖縄におじゃまをして、まず、基本的な私の考えは、きょうも今、シュプレヒコール、やっていますけれども、沖縄のみなさんの率直なお気持ちをうかがいたいと。それが一番の目的でございます。その中で沖縄の仲井真知事と面談をいたす機会をいただきました。そこで私から申し上げたのは、やはり、この現代のアメリカ、日米同盟の関係の中で、抑止力を維持する必要性というようなことから、国外、あるいは県外にすべてを普天間の機能をですね、移設することは難しいということにいたりました。したがって、まことに申し訳ないという思いできょうはうかがったんですが、沖縄の県民のみなさん方のご理解を賜って、やはり、沖縄の中に、一部この機能を移設をせざるを得ないと。そのようなことに対して、ご理解をいただけないかということを仲井真知事に申したところでございます。で、具体的な地域ということに関しては仲井真知事とはお話は申し上げておりません。それは、ご案内の通り、公式なオープンでの協議がすべてでございまして、非公式な接触はきょうはいたしておりません」

 −−2つの会談の中で沖縄と徳之島に負担を求める旨の発言がありました。これが政府案なのか。反発も予想されるが、今後どういった対応を考えているか?

 「それぞれ基地を移設をするということになれば、あるいは新たに設けるということになれば、地域のみなさん方の大変厳しいお声というものはあろうかと思います。その気持ちを私としてもしっかりと承りながら、しかし、一方ではこの国の安全を守るための基地の存在というものの必要性をすべての国民のみなさま方にご理解をいただく中で、負担を分かち合うという気持ちを持っていただければと思っております。徳之島に関しても近々3町長にお目にかからせてもらう機会をいただきましたので、その中で私の思いを述べて、お願い申し上げてまいりたいと。それをでき得ればスタートにしてまいればと思っています」

 −−総理、海兵隊の抑止力は何でしょうか?一体、ここにいなければならない理由は何でしょうか?

 「…」(答えず立ち去る)

【関連記事】
鳩山首相・沖縄県議会の会談詳報
鳩山首相・仲井真知事の会談詳報
鳩山首相、沖縄県内移設の意向示す 仲井真知事らと会談
鳩山首相「沖縄内に一部移設せざるを得ない」
鳩山首相「まだ政府案まとまっていない」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「スクリーム」の覆面男、コンビニ強盗も店員「嫌だ」で逃走(スポーツ報知)
現生人類とわずかに混血か=絶滅のネアンデルタール人−国際チームがゲノム解読(時事通信)
「医師不足知り…」着任直前、無免許ばれ女逮捕(読売新聞)
広がる不信、怒る沖縄 首相の訪問に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声(産経新聞)
首相動静(5月9日)(時事通信)
posted by フナバシ カズト at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。