2010年01月20日

飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)

 法曹人口の増加で弁護士の就職難が問題になるなか、都市部に集中していた弁護士登録に変化が起こり始めている。これまで弁護士が少なかった地方の増加率が高まり、滋賀や島根県の弁護士会員はこの10年間で2倍以上に。弁護士が1人もいなかった地域にも事務所ができるなど“弁護士過疎”が解消される地域もあるという。しかし、多くの弁護士会はすでに「飽和状態」で、毎年2千人規模で増え続けることへの危機感が高まっている。

 滋賀弁護士会によると、平成12年3月末の会員は42人だったが、新司法試験が始まった18年から急激に増加。昨年12月に新たに6人が登録して97人になった。これまで弁護士がいなかった北部の高島市や長浜市にも事務所が開設された。

 弁護士白書によると、このほかに釧路と島根県弁護士会で21年3月までの10年間で会員数が2倍以上に。中原淳一・滋賀弁護士会副会長は「10年前が少なすぎた」と話すが、「ここ数年で多くの事務所が新人を採用し、来年の就職は厳しい」と分析する。

 ただ、弁護士が増えても業務が増えるわけではなく、弁護士の就職難は地方でも顕在化しつつある。

 奈良弁護士会では昨年12月に弁護士登録する司法修習生が27人おり、約半数が奈良での登録を希望。しかし、採用する事務所が少なかったため登録をあきらめる人が多く、最終的な登録者は5人だったという。それでも会員数は135人になり、12年3月末の70人から2倍近くに増えた。

 仕事を求め、府県間の登録替えも急増中だ。京都弁護士会によると、大阪から京都への登録替えはかつて2、3人だったが、最近は年20人前後に。吉田誠司副会長は「大阪では競争が厳しく、独立するのにハードルが高いのでは」と話す。

 その大阪弁護士会は、会員数約3600人で西日本最大の規模。増加率こそ44・6%と滋賀や奈良に比べて緩やかだが、人数でみると年に200人前後増えている。昨年12月の登録では「前年並みの就職が確保できた」(同会)と胸をなで下ろすが、今年以降は不透明という。

 知り合いの事務所に間借りだけする「ノキ弁」(軒先弁護士)や事務所勤務を経ずに仕方なく独立開業する「ソクドク」(即独)といった言葉も定着しており、大阪弁護士会は今後、新人弁護士の支援にも力を入れるとしている。

デビュー31年、還暦前の栄冠…直木賞・佐々木さん(読売新聞)
<平沼元経産相>新党結成の方針「参院選前に」(毎日新聞)
不動産10億円超で15件=陸山会、小沢氏名義で取得(時事通信)
23項目の看護系大コア・カリ案(医療介護CBニュース)
世界の原子力災害に急行=医療支援チーム結成−放医研(時事通信)
posted by フナバシ カズト at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欠陥マンション、都市機構負担500億円超(読売新聞)

 独立行政法人・都市再生機構(旧・都市基盤整備公団)が東京都八王子市で分譲した46棟のマンション群で見つかった強度不足などの大規模な欠陥を巡り、建て替えなどの工事費600億円以上のうち、同機構の最終的な負担額は、500億円を超えることが明らかになった。

 マンションの施工業者計34社が負担するのは総額でも約113億円にとどまる。施工業者の監督が不十分だった点など、同機構が発注元としての責任を認めたためだが、なぜ大規模な欠陥が生じたのか、原因は不明のままという“灰色決着”となった。

 問題のマンション群は、同機構がバブル期の1988〜92年に43社に発注して建設された八王子市内の46棟計919戸。分譲から数年後には、ひび割れなどが目立ちはじめ、建設から10年目の大規模修繕を機に手抜き工事が次々に発覚、鉄筋の本数不足やコンクリートの厚さ不足などの重大な欠陥が見つかった。すでに20棟は全面的な建て替えを終え、16棟は補修が完了。残る10棟のうち2棟は07年12月、3棟は昨年10月にそれぞれ補修することで住民側と合意したが実施はこれから。協議中のマンションも5棟ある。

雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
川崎競馬の練習馬場で乳児の遺体発見(産経新聞)
<強盗>男が店員縛り65万円奪う 大阪・DVD販売店(毎日新聞)
<男性不明>「埋めた」供述の場所捜索 鹿児島・栃木県警(毎日新聞)
<診療報酬不正受給>山本病院理事長に懲役2年6月の判決(毎日新聞)
posted by フナバシ カズト at 01:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

<3人乗り自転車>購入助成の申請者100人突破 埼玉県(毎日新聞)

 埼玉県で始まった3人乗り自転車の購入者に3万円を助成する制度の申請者が、今月7日の受け付け開始から6日間で規定の100人を超えた。問い合わせは連日100件以上という。思わぬ反響の大きさに、事務局は抽選で受給者を決めることにしている。

 3人乗り自転車は昨年7月に販売が開始された。しかし、主流タイプで7万円前後、電動アシスト付きは10万円以上という高価格がネックになり、普及が進んでいない。このため、県交通安全協会など7団体で作る「幼児二人同乗用自転車普及促進実行委員会」が、県や県警の後援を得て、都道府県単位で初めて助成制度を始めた。

 委員会によると、受け付け初日の今月7日だけで約90件の申請があり、その後も問い合わせが殺到している。助成対象は、事務局の県自転車軽自動車商協同組合(048・652・2020)の加盟店で09年7月1日〜3月31日に新車を購入した保護者で、今後も申請は増えるとみられる。

 同組合の藤倉幸親理事長は「予想以上の反響。対象を増やせるか検討したい」と話している。【久保玲】

【関連ニュース】
<ニュースの一報>3人乗り自転車:購入で埼玉が3万円助成制度…都道府県初
【3人乗り自転車の写真】
3人乗り自転車:町田市、レンタル希望募集 「多摩」2例目、子育て支援 /東京
3人乗り自転車:つくば市、購入価格の半額補助 /茨城
3人乗り自転車:送迎用、園児の保護者に貸し出し 西尾市で来月から /愛知

<政府・民主党>通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢(毎日新聞)
地方都市の震災対策を検討=孤立集落や生活再建が課題−中央防災会議(時事通信)
ハイチに緊急医療チーム、17日にも現地へ(読売新聞)
20人を強制退所 派遣村無断外泊で都方針(産経新聞)
千葉大生殺害、現金引き出し男「自分が刺した」(読売新聞)
posted by フナバシ カズト at 02:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。